東京の短期バイトをするメリットとは?


短期バイトのメリットは
自分の都合でアルバイトができること』です。
短期バイトは普通のアルバイトと違い、
自分が働きやすいように仕事のスケジュールが組める点が魅力的です。

 

たとえば東京に住んでいる学生さんだと、大学生は
夏休みなど長期の休みが大学によっては2ヶ月となることもあります。
その間にできるだけ稼ぎたい!と思う人いると思います。

 

すでに仕事についている社会人の方は、
休みの日や通常の勤務後に副業として
短期バイトをする人も最近では増えてきています。。
まさに短期バイトは時間を有効活用できる賢い手段ですよね。

 

短期バイトは、ハードな仕事だと感じる人もいると思いますが、
実はそんな部分だけでもありません。

 

東京の短期バイトは他のアルバイトに比べ、
時給や日給が高く設定されています。

 

確かに日雇いの工事現場の仕事などはハードかもしれませんが、
いますぐお金がほしい!
できれば早めにお金を貯めたい」などなど、
比較的短期間で収入を得たい人にとっては、
短期バイトは理にかなったバイトというわけですね。

 

また、短期バイトは基本的に一時的な仕事であることが
多いかったり繁忙期の人手不足による求人を大量募集
することが多いため、その仕事の経験が全くない人でも
出来る仕事であることが多いです。

 

そのため未経験でも受かりやすいですし、
実際の仕事や面接も簡単なものが多く、友人同士で
応募することもOK(つまり友達同士で応募しても合格)
としている会社もあります。
このように、東京での短期バイトにはメリットがたくさんあります。

 

詳しくはランキングページを参照ください。

 

人気の業種ページ
最新ランキングページ

東京の短期バイトに向いている人はどんな人?


短期のアルバイトは自分の都合で仕事のスケジュールを入れられるので、
本業の仕事で忙しい人が副業として短期バイトをしたり、
また学生さんが長期の休みに短期バイトをしたりなどで人気です。

 

短期バイトがピッタリ=向いている人は、先程言ったように
『本業が忙しいけれどもうちょっと稼ぎたい』という社会人の方や、
大学生などの学生さんが向いているでしょう。
短期バイトですと学業に響かないので人気です。

 

働きたい!と思ったらすぐ働けるところがメリットですよね。
あとは意外に多いのが主婦の方も向いていると思います。
普通のアルバイト・パートですと、フルタイムだったり時間が決められていたりと、
何かと都合がつけづらいものです。

 

お子さんが旧に発熱してしまったら…?と考える主婦の方で、
出勤が数日~1ヶ月程度で済む短期バイトをしている主婦の方も多いでしょう。

 

例えば短期バイトにはどんなものがあるのかみていきましょう。

 

短期バイトは比較的時給(日給)も高めに設定されていることが多いので、
日払いなどですぐに高収入を得られることで人気ですよね。

 

複雑な仕事はあまりなく、誰でもできる簡単な仕事です。
ということはつまり覚えることも少ないので、
掛け持ちバイトや単発で稼ぎたい人にはもってこいですね。

 

初心者歓迎!などと書いてあると安心して応募することができますよね。
最近はスマホなどでも応募できることが多いですね。

 

東京の短期バイトで人気なのは、シール貼りなどの工場での内職や、
パソコンの組み立て、検品作業、現場作業などなど、様々なものがあります。

 

フリーターの方は時間の融通がききやすいと思いますので、
雇う側からすれば仕事のシフトを立てやすいということです。
面接を受けたとしてもすぐに合格できるでしょう!

 

単発の短期バイトはどこで探せばよいのでしょうか?
お近くのハローワークでも求人の公開をしていますが、
もっと多いのは東京版のインターネットの求人情報サイト。

 

その土地の人をすぐ欲しい!と思っている企業が
インターネットに求人広告を出すので比較的見付かりやすいですよ。

 

人気の業種ページ
最新ランキングページ

東京の短期バイトで人気のアルバイトはなに?


期間で高収入が得られる東京の短期バイトは、
学業が本業の学生さんや仕事の合間に副業として
短期バイトをする社会人の方に人気があります。

 

ではそんな短期のアルバイト、どんな求人が人気なのでしょうか?
求人情報誌を見ていると、アルバイトがたくさん紹介されていると思います。

 

短期バイトは「高収入バイト」や「短期・日払い」などに
カテゴリ分けされていて即金でもらえるバイトもあり高く人気です。

 

短期バイトは時給や日給が良いので高収入バイトになるんですね。
ネットでクリックしてページをめくっていると、様々なバイトが目に入ってきます。

 

「アミューズメントパークのスタッフ」や「イベントスタッフ」、
「アパレル会社のイベントのコンパニオン」など
女性が輝けるような華やかな職種から、
堅実なイメージのある「土木作業員」「清掃員」
「倉庫での運送」「短期の介護スタッフ」なども。

 

中でも、比較的仕事の内容が簡単で誰でもできる
「倉庫内の軽作業」は案外人気だと聞きます。

 

福利厚生の面が手厚かったり、工場が遠く交通費支給
(またはバスやチャーター便が出ているなど)であることも人気の理由でしょう。

 

高額の収入が得られる「引越しスタッフ」も実は人気があります。
引越し需要の高まる2月~3月の短い期間は人手が必要なので、
引越し会社も何とかして人手を集めようとします。

 

時給や日給が高いことが多く、応募したら即採用、ということもあるかも?!
大手の引越し会社だったら研修制度もしっかりしていますので、
未経験の方でも安心して仕事ができるでしょう。

 

また、デパートなどが募集する短期バイトに
「お歳暮・お中元時期のみのスタッフ」というものがありますが、
デパートなどの閉店時間やカウンターの締め切り時間が短いため、
これは遅くまで働くことができない主婦の方に人気があるようですよ。

 

ちなみに、ジョブセンスやタウンワーク、バイトルなどの求人情報誌は、
駅や街中、コンビニのラックなどから手に入りますが今はスマホやパソコンなど
インターネットからの方が探しやすいですね。
働きたい!と思ったら即行動。

 

人気の短期バイトはすぐに募集を締め切ってしまいますよ。
即行動が短期バイトを成功させるコツです☆

 

人気の業種ページ
最新ランキングページ

東京の短期バイトはインターネット応募できる


短期バイトはインターネットで応募できますよ!
一昔前はバイトの応募と言うと、求人広告を見て気になったバイトがあれば、
広告に書かれている連絡先に電話で応募しなければなりませんでした。

 

電話が苦手、という人は意外にも多いんですよね。実は私もそうなんです。
電話での相手との間の取り方や、自分が話そうと思ったら
相手が話し始めちゃってタイミングが合わずに被ってしまうとか…ちょっと苦手です。
緊急の用事などは電話などが早いとは分かっているんですけどね。

 

話が逸れちゃいましたが、電話でなくアルバイトに応募できるのはありがたいですよね。
求人広告も紙や雑誌ではなく、インターネットでも同じ求人広告が載っています。

 

面接場所や勤務地、仕事場の最寄駅などの詳しい情報や
地図をネットでそのまま調べられるし、応募用のフォームが掲載されていたりします。
大抵、応募用の入力フォームが用意されています。

 

指定された入力欄にそれぞれの情報を入力します。
氏名や住所、生年月日のほか、経歴や学歴
(最終学歴=最後に卒業した学校名と卒業年)や志望動機、
自己PR、資格や免許の欄もあるはずです。

 

あとは自由欄もあると思いますので、空欄ではなく何か書くようにしましょう。
志望動機欄や自己PR欄で書ききれなかったことを書くのも良いですね。
いわば履歴書がそのままオンラインになった感じですかね。

 

ネットでの入力だと省略しがちですが、
ここで入力した情報は履歴書代わりになりますので、
しっかりと正確に入力するようにしましょう。

 

最近はQRコードをスマホで読み込んでそのまま応募できる求人広告もあります。
電車の中から応募もできますし、空き時間を利用して
ネットでバイト探して応募も可能です。

 

「応募の電話かけるのはちょっとしり込みしちゃう…」という方には
ピッタリの応募方法じゃないでしょうか?

 

人気の業種ページ
最新ランキングページ

東京の短期バイトで週3回バイト


短期バイトは短期間のうちにたくさん働く代わりに
高い給与に設定されていたりするバイトで
週に数回働く仕事もたくさんあります。

 

なので求人情報誌などでは「高収入バイト」や
「短期バイト」などとしてバイト探しでは欠かせないポジションです。

 

短期バイトは短期間でたくさんバイトに入るので、
バイトの開始~契約終了の期間が決まっているものが多いですね。

 

本当に激・短期の3日間などの短期アルバイトもありますが、
多いのは大体1ヶ月~3ヶ月程度でしょうか?

 

そしてバイトのシフトも大学生などの学生さんが夏休みを利用して
短期バイトをするのは珍しいことではありません。

 

職種としてはイベントスタッフやテーマパークなどの短期バイトが多いようですね。
世間も夏休みであることが多いので、その分忙しくなりますよね。

 

求人を出す側も人手不足を懸念してバイトの求人を出すのです。
ですので基本的にはシフト(出勤)は毎日だったり、曜日が決められていたりと、
あまり自由がないアルバイトが多いです。

 

しかし大学生などの学生さんは学業が優先です。
夏休みだからと言って毎日暇な訳じゃないですよね。
夏休み中に仕上げないといけないレポートや課題もありますし、
学校に出向かないといけない日もあるはず。

 

そんな人は週○日など、シフトの日数が決められているバイトを選ぶと良いでしょう。
結構探せばあるものですよ。確かに収入面では毎日入るよりかは
少なくなってしまうかもしれませんが、あくまで学業優先であるのならば、
バイトの日数は減らすべきでしょう。

 

週3日の短期バイトを探すには、企業側が出している
求人広告をきちんと見ることが大切です。

 

ちなみにマメ知識として…「週休2日」は
土日が毎週休みということではなく、週のうち2日が休みということであり、
曜日が決まっているわけではないので、どうしても土日に休みが欲しい人は注意が必要です。

 

ただ、接客業だと土日はお客さんもたくさん見込めますので、
土日だけは日給・時給が高くされているので稼ぎ時だということも忘れないでくださいね。

 

人気の業種ページ
最新ランキングページ

東京でお薦めの短期バイトサイト


世の中にはいろんな短期バイトがあります。
そして短期バイトを紹介している求人広告企業も多いんです。
有名なところだと、バイトルやジョブセンス、タウンワークなどでしょうか?

 

短期バイトを探したいならいくつもの求人情報サイトを見るのが一番です。
その中でもオススメのバイト探しサイトをご紹介します。

 

バイトル
AKB48が宣伝しているバイト紹介サイトです。
サイトのトップページも見やすいデザインで好感が持てますよ。
短期バイトは、都合の良い日だけ働ける「1日だけの短期バイト」や、
手軽に稼げる仕事で「1週間以内の短期バイト」、集中した期間だけ働ける
1ヶ月以内の短期バイト」というように、バイトしたい期間で分けて
紹介されていますので、自分のスケジュールに合わせたバイト探しが簡単です。
紹介されているのは軽作業やイベントスタッフなどの様々な職種があります。
見た感じとしては、イベント系のお仕事が多いように感じました。
詳しく検索したい時は検索メニューも用意されていますので利用してくださいね。

 

ジョブセンス
対象のバイトに仕事が決まったら最大2万円のお祝い金が出ることで
有名なジョブセンス(太っ腹ですよね!)。
トップページはアイコンが多用されていて分かりやすく、
バイトを探しやすいデザインです。
メニューが明確で分かりやすいくお目当ての短期バイトも
すぐに見つけることができました。
短期バイトの期間は詳しい検索メニューでしかできませんが、
トップページに「週1日からOK」や「日払いOK」、「週払いOK」など
項目があり、バイトの収入がどれくらいのスパンであるのか気になる人
いますぐ稼ぎたい人にはピッタリではないでしょうか?
気になった求人はキープできるので、いろいろと見比べて決めたい人に
オススメの機能です。
私がパッと見た感じでは、イベント系、警備員、軽作業、倉庫内など
部品の検品などが多いように感じました。

 

他にもたくさんバイト情報サイトはありますがオススメはこの2つです!

 

人気の業種ページ
最新ランキングページ